株式会社オフィスまめかな |六代目三遊亭円楽・桂歌丸・桂雀々・三遊亭竜楽・三遊亭愛楽・三遊亭全楽・三遊亭王楽・柳家三三・古今亭菊志ん・柳貴家正楽・柳貴家小雪・三遊亭楽大・みちのくボンガーズ・ふくしまボンガーズ・母心・オカン・関あつし・東海道・神道裕・水野圭悟・パチッコリン・ムッシュ・サイトー・フジナッツ健・テンパラ・おかちゃん・しなだかずたか・しなだマン・天竺一・久保田吟水・中邑真輔|

株式会社オフィスまめかな
「桂歌丸を人間国宝にする会」 会長 六代目三遊亭円楽 ご挨拶
桂歌丸を人間国宝にしましょう!!
   歌丸師匠は、既にミイラには成りつつあります。…そういう冗談は番組の中だけにして、真剣に「人間国宝」になっていただきたく、このページを借りて訴え、また同志を募る次第です!
   所謂、人間国宝、無形文化財保持者の選択基準は良く知らないが、私なりに考えると、伝統芸能の技能継承をきちんとしており後世への伝達を確かにして行ける者。さらには、その芸の世界を世間的にも知らしめ高めた事も重要な要素だと思います。その観点から、歌丸師匠は新作からスタートし、笑芸のエッセンスを良く学び、更に古典の継承の重要性、発展の方法を考え圓朝物と云われる落語中興の祖である圓朝師匠の作品を現代に合うべく語り直し、志ん生、圓生等の先人の作品の滑稽噺から人情噺まで幅広く手掛け好評を得ており、後輩達の手本となり、若手にも稽古指導の手間を惜しまず、更に自ら落語という芸能を多くの方に広く頒布、認知して貰う為、老骨に鞭打ち日夜、東奔西走、日本中で実演の日々を過ごしています。
   また今年度50周年を迎える人気テレビ番組「笑点」の回答者から司会者になり、第一回からの唯一の出演者として、落語家達の地位の確立にもひとかたならぬ尽力をしてきました。芸歴も60年を越え、なお第一線で活躍し落語界の為に頑張っている歌丸師匠こそが重要無形文化財保持者に相応しいと考え、皆様に御訴えする次第です。 
   我々の落語界の先人達の紡いできた落語の継承と進化に力を注ぐ歌丸師匠を人間国宝にしましょう。

六代目三遊亭円楽


※ 用紙一枚につき10名までご記入いただけます。
※ ご記入いただきました個人情報は、目的以外の用途には一切使用いたしません。
郵送 :  〒150−0012
東京都渋谷区広尾1-4-10 鴻貴ビル4階 (株)オフィスまめかな 署名受付宛
Fax :  03−5447−2216
メール :  署名用紙を添付して<info@mamekana.co.jp>までお送りください。








株式会社オフィスまめかな